ホームリングの選び方:リングの形

リングの選び方

リングの形

選び方

そんなに違いってあるのかな?

小さいリングにも大きな特徴があります。

小さなリングだからこそ、少しの違いでも受ける印象は変わるものです。ここでは代表的なリングの形をご紹介いたします。リングの形が決まると、たくさんのリングから好みのリングが自然と絞られてきます。

甲丸

リングの表面が丸いリング

「こうまる」と読みます。

その名の通り、丸みを帯びたラインは優しい印象を与え、指なじみのよいリングです。

  • 相性の良いリングのテイスト:フェミニン/シンプル/クラシック

平打ち

リングの表面が平らなリング

リングに角を持つことからがっしりとした印象を与え、存在感あるリング。

  • 相性の良いリングのテイスト:スタイリッシュ/シンプル

ウェーブ

曲線を描くリング

リングのアームに曲線を取り込むと硬質な素材の表情が変わります。緩やかなU字のリングなら柔らかな印象に加え、握った指になじむ形状になっています。

  • 相性の良いリングのテイスト:エレガント/フェミニン/個性派

幅広

幅の太いリング

幅の広いリングはインパクトがあります。模様を彫ったり、ミル打ちを施したり、広さをいかしたデザインが魅力です。

  • 相性の良いリングのテイスト:個性派/スタイリッシュ

幅細

幅の細いリング

幅の細いリングには繊細さが現れます。華奢なリングならダイヤモンドのサイズも大きく見える効果もあります。

  • 相性の良いリングのテイスト:クラシック/フェミニン/エレガント

〈リング表面のつや〉

リングの形と同じく、見てすぐに違いがわかるポイントに「リング表面のつや」があります。形は同じでも〈つやあり〉、〈つや消し〉で印象は変わります。

リングによっては、つや加工を選べるアイテムもご用意しております。好きなリングの形が決まったら〈つやあり〉か〈つや消し〉か、考えてみてはいかが如何でしょうか?

〈つやあり〉

鏡面仕上げ、ミラー仕上げとも呼ばれます。

〈つや消し@〉

マット仕上げとも呼ばれます。落ち着いた印象を与えます。

〈つや消しA〉

ヘアライン仕上げ。細かいラインを入れることで、光の当たり方で異なる風合いが現れます。