ホームリングの選び方:リングの色と素材

リングの選び方

リングの色と素材

選び方

プラチナが一番人気なの?

定番はプラチナ。でも、色も素材も選択肢が増えています。

白い輝きと変色しにくいことから人気があるプラチナですが、最近はより個性的な色や素材が選ばれています。ここでは人気の色、注目の素材など5タイプをご紹介します。

プラチナ(Pt)

天然の白い輝きと変色しにくいことが「永遠」のイメージと結びつき、ブライダルリングの定番となっています。

「多くのリングに使われる〈Pt900〉はプラチナ純度が90%と高く、日常生活においても変質・変色しにくいことが特徴です。

ピンクゴールド(PG)

女性に人気の優しい色味のピンクゴールド。

素材本来のゴールドは黄金色ですが、他の金属を混ぜることでゴールドには多彩な色が生まれます。〈K18PG〉ならば純度75%のゴールドに銅などの金属を混ぜて色を変化させます。他の金属を混ぜることで硬度を上げます。

イエローゴールド(YG)

欧米ではプラチナよりも主流のイエローゴールド。

日本でもカジュアルな感覚で身につけるブライダルリングとして選ぶ方も増えています。色はゴールドそのものですが、他の金属を混ぜ硬度を上げています。

ホワイトゴールド(WG)

白い輝きが特徴のホワイトゴールド。

淡い金色の地金に白い金属のロジウムでコーティングを施しています。
〈K18WG〉ならば純度75%のゴールドに他の金属を混ぜ、硬度を上げます。混ぜる金属によって、素材そのものが白系の色味を持つものもあります。

パラジウム(Pd)

プラチナと同じく白い輝きと耐久性を持つパラジウム。

人体へのアレルギーの影響が比較的少ないことから、歯科合金にも使用されています。丈夫で軽い金属なので、普段リングを着け慣れていない方にもおすすめです。