ホームリングの選び方:ダイヤモンドの室

リングの選び方

ダイヤモンドの質

選び方

よりキラキラしてるのを探したい!

世界標準とされているダイヤモンドのチェックポイントがあります。

世界中で使われている評価基準の1つに〈4C〉があります。Cから始まる4つのポイントは、宝飾用にカットされたダイヤモンドの特徴を端的に捉え、誰にでもわかりやすくダイヤモンドの見方を教えてくれます。

CARAT(カラット)

ダイヤモンドの重さを表します。

カラット(ct)は重さの単位です。1ct=0.2gに相当します。人気の大きさは0.2〜0.3カラット。指とダイヤモンドのサイズとのバランスで選びましょう。

COLOR(カラー)

無色透明なほどキレイに輝きます。

そもそもダイヤモンドは黄色い宝石です。その中でも無色に近いほど評価が高くなります。Dを最高ランクとし、評価基準はZまで23段階あります。エンゲージリングに用いられるダイヤモンドとして、D〜Gのグレードが人気です。

GIA基準《GIA:Gemological Institute of America(米国宝石学会)》

D:このランクはまず採掘不可能といっても良いくらい完璧なもの。
E:蒸留水と同じ色でわずかに青みをおびている。
F:まったく無色で、現在出回っているダイアモンドの中では最高級ランク。
G:ほとんど無色だが、完全無色とは言えない。
H:無色と言っても良いほどで、専門家が見るとわかる程度。
I:無色に比べると、ほんのわずか黄味をおびているが1個だけ見れば無色に見える。
J:枠付加工してしまえばまったく無色に見える。
K:Jよりやや黄味をおびているが、直射日光で見れば無色に見える。
L:枠付加工してもやや黄味色が認められる。
M:だれの目にも黄色が認められる。

CLARITY(クラリティ)

傷や不純物の有無

外側の傷、中の不純物の大きさ・位置・数によって評価されます。FLは博物館に収蔵されるような最高品質。エンゲージリングにはVS2以上を用いることが一般的で、品質にこだわるならVVS2以上がおすすめです。

GIA基準
FL
熟練者が10倍のルーペ又は顕微鏡で観察した時に、外部的にも内部的にも、あらゆる欠陥がないものをいう。
VVS1
10倍の倍率で発見するのが非常に困難なほどの小さなもので、位置的にも発見するのが難しいところにある。
VVS2
やはり10倍の倍率で発見するのが非常に困難であるが、熟練者がよく見ると発見できる。
VS1
熟練者が10倍の倍率でよく注意して見れば発見できるが、内包物は小さく、位置も分かりにくいところにある。
VS2
10倍の倍率で容易に発見できるが、肉眼では発見できない。
SI1
いくつかの内包物が10倍の倍率でだれでも発見できるが肉眼では困難。
SI2
視力の良い人だけがやっと肉眼で発見できるほどの内包物がある。
I1
丹念にいろんな角度から見れば、だれにも肉眼で内包物が発見できる。
I2
だれが見てもあきらかに内包物がはっきりと確認できる。

CUT(カット)

ダイヤモンドの形

4Cの中で唯一、人の手により価値が決まるのがカット。カットでダイヤモンドの輝きは決まります。カットの綺麗なものを選ぶと、石もひと回り大きく見えます。最高位のエクセレントがおすすめ。


光がカット面に反射せず、下に抜けるため輝きがにぶい


光がカット面に全反射して戻るため、最高の輝きが生まれる


光が素通りしてしまうため、輝きが暗い

カットの評価
  • EX EXCELLENT
  • VG VERYGOOD
  • GO GOOD
  • FA FAIR
  • PO POOR